DIY向けホームセンターの木材の種類

ホームセンターの木材コーナーにはいろんな種類の木材が販売されています。

木材それぞれの性質を知っておくことで、DIYで適切な木材を選ぶことができます。

 

DIY向け木材の種類

  • 無垢材
  • 集成材
  • 合板

 

無垢材

原木の丸太から切り出した木材です。

木そのままなので質感や木目が美しい。

ホームセンターで販売されている木材だと、スギ・ヒノキ・ホワイトウッド・SPFなどが代表的です。

 

DIYで人気のSPF

DIYで人気のSPFは2×4工法の住宅用構造材として使われており、耐水性が低いので屋外や水回りに使う場合は注意が必要です。耐久性はスギやヒノキより低いです。ホームセンターではSPFをバンドル単位で入荷しています。その中にはDIYで家具などを作るには不向きな部分も入っていますのでしっかり見て選びましょう。

価格・耐久性 ヒノキ>スギ>SPF・ホワイトウッド

 

集成材

小さく切った木材を接着剤で組み合わせた人工的に作られた木材です。

強度や品質が安定していて、反りやねじれが少ない。

長尺で幅の広い木材を使いたいときに便利。

ワイドベルトサンダーで仕上げてあるので仕上がりがきれいになります。

 

合板(ごうはん)

薄い板を接着剤で張り合わせた木材です。

普通合板・構造用合板・コンパネ(コンクリート型枠用合板)などがあります。

DIYでは普通合板のシナ合板・ラワン合板がおすすめです。

 

屋内向け木材

基本的にどの木材でも大丈夫です。

ワックス・オイルフィニッシュ・ウレタン塗装などすることで耐久性も上がり、質感も良くなります。

 

屋外向け木材

ウエスタンレッドシターや防腐剤注入木材などです。

無垢材の場合は、防腐・防虫剤入りの屋外向けの塗料を塗れば使えます。

年輪の詰まった密度の高い木材が良いです。